ご予約・お問い合わせはお気軽に、078-982-1116、AM9:00~12:00/PM16:00~18:00

〒651-1331兵庫県神戸市北区有野町唐櫃50-1

神戸市北区で大腸CT、内視鏡検査、内科、胃腸科、放射線科、胃カメラ、大腸カメラ、経鼻内視鏡、訪問診療、人間ドック、リハビリ、禁煙外来を行っております。

トップページ代表挨拶医師の紹介フロアガイド交通アクセス

内視鏡検査

ハイパーサーミア治療
内視鏡
大腸CT
温浴療法
トップページ»  内視鏡検査

当院での内視鏡機器は平成25年5月からオリンパス社の「EVIS LUCERA ELITE エリート」を用いています。
「エリート」は平成25年にフルモデルチェンジしたばかりの最新型最上位機種です。
画像がより明るく鮮明になりましたので、わずかな異常も発見しやすくなりましたし、内視鏡検査を受けられる患者様の苦痛を減らす努力がなされています。
この機種には【NBI】という機能がついています。一種の赤外線観察と御理解いただけると思います。小さな癌病変も見つけやすくする観察法で、平成23年度の【発明大賞】を獲得している機能です。

胃カメラ

~画像がきれいな新型です~

オリンパス社の細径内視鏡を基本形として使用しています。
直径5.4mmで、従来機種に比べるとかなり細く、患者様の負担はグンと軽減しています。この細径内視鏡にしてから、「オエッ」とえづくことはまるで減りました。体験されたら、わかります。かなり楽ですよ。
今までの細径タイプは暗くて画質に難点がありましたが、この「エリート」タイプは細部までの観察力がアップしています。
鼻から(経鼻内視鏡)でも②口から(経口内視鏡)でも御希望にあわせて丁寧に検査します。
御本人に余裕がありましたら、内視鏡画像の一部始終をデジタルの鮮明な画面で御一緒に観ていただくこともできます。なかなか迫力もありますよ。

≪胃カメラの前処置≫
前日は夜9時以降は絶食でお願いします。
血圧の薬など、欠かすことができない薬がありますならば、当日の早朝に少ない目の水で飲んください。

≪鎮静剤の注射は使う必要がありません≫
車を運転して来院していただいて結構です。
安全に御帰宅していただけます。

大腸カメラ

~体にやさしい新型です~

今回の「エリート」機種の購入にあわせて、より細くて弾力があるタイプのスコープも採用しました。
複雑な腸管も、より苦痛が少ない検査ができるように努力しています。

≪大腸カメラの前処置≫
私どもでは、基本的に錠剤のビジクリア®を用いています。
下記のように、ビジクリア®を用いる方法は従来のニフレック®法(2000ml)に比して、苦痛度は半分以下と仰っておられる方が多いです。

(1)前夜に下剤(錠剤を3錠)飲みます。
(2)当日、朝から当院に来ていただき、指示の通りにビジクリア®を飲んでいただきます。少し塩味がする大粒の錠剤です。
15分毎に5錠、合計40錠ほど飲んでいただくと、90分ぐらいから排便(下痢)が始まり、午後の検査の際にはほとんどの方は大腸の中は空っぽになっています。
(大腸の中が空っぽになっていると、私は検査をし易く、結果的には御本人が楽になります。)

≪ポリープ切除≫
大腸癌の多くは大腸ポリープ(腺腫、グループ3)から生じます。
なので、大腸ポリープがあった場合には、ポリープの段階で取り去ることが理にかなっています。ほとんどのポリープは検査のその際に内視鏡での切除(広い意味で「手術」です)をします。
多くの場合は日帰り手術ですが、巨大なポリープを切除した場合には、(傷口の保護を目的に)一泊の入院をすることもあります。

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

高齢者向け住宅 おもいやり
PAGE TOP